Our Service
業務案内

リフォームでお客様を笑顔に

株式会社KAPENでは、建物への外装リフォーム事業全般を通し

ご依頼くださったお客様を笑顔にする事を心がけています。

 

建物の外壁を塗り直すというリフォームは

建物の資産価値を維持するにあたり、大切な作業の一つです。

 

外観もお客様のご要望を反映させたものへと仕上げ、

加えて雨風の劣化に強い塗装を施すことで、

建物の強度と資産価値を守っていくことを大切にしています。

 

業務案内

外壁塗装

下塗り・中塗り・上塗りと塗装をし、

必要に応じて吹き付けなどで模様を付けていきます。


コケやホコリ・ひび割れなど外壁の状態を分析して

必要に応じて下処理を追加していきます。



外壁の塗り替えは、

紫外線による劣化や、風雨によるカビや腐食から家を守るため施します。


もし表面の塗膜が剥がれてその機能を失ってしまうと、直射日光や風雨による

ダメージが直接住宅へときてしまい、住宅の寿命を大幅に縮めてしまいます。

 


経年により避けられない、住宅の汚れや色あせ・カビなどのケアはとても大切です!


また、外壁塗装はカラーリングなど

外観を美しく見せるといったデザイン的役割も果たします。


施工内容や使用する塗料などによって料金は変わりますので、まずはお気軽にご相談ください!

20210507_093143174_iOS

屋根塗装

紫外線をダイレクトに受ける屋根は、

劣化が進行しやすい部分の一つです。

 

屋根塗装では


・防錆性
・防水性
・遮熱性
・断熱性

 

を高める工夫を施します。

防水工事

日々雨水にさらされているベランダは、

劣化するとひび割れや水たまり・雨漏りなどが生じてしまいます。

 

水の溜まり場となるため、正確な知識や調査が必要となり、

ご自身の手で修理されたり、知識のない業者が施工することで

不具合が発生、または改善されないことが多くあります。



コーキングの劣化・防水性の低下・塗装の劣化

もしくは腐食などの各症状に応じて適切な施工を致します。

鉄部塗装

鉄部は、塗料が剥がれたまま放置していると
サビや腐食が進行してしまいます。

まずは、ケレンと呼ばれるサビ落としを徹底的に行った後、

サビ止め、中塗り、上塗りと工程を重ねていきます。

内壁塗装

 

内壁が劣化してくると、


・木製枠や木製の建具、内壁のクロスの雨漏り
・お風呂場の木枠のきしみ
・階段・天井・床のきしみ


など塗装以外にも様々な症状が見られます。


小さなお悩みでも、お気軽にご相談ください。

屋根

ドローン調査

 

屋根や雨樋の調査で梯子等で直接建物へ上らず、
鮮明に調査し、その結果をお見せします。
目視や写真による確認だけでなく、その調査中から確認できます。
 

これまでの直接建物へ上ることから発生する
屋根材等の損傷を回避できるようになりました。
 

お客様にとっても我々にとっても良いことずくしです♪

屋根葺き替え

 

屋根のメンテナンス方法については、

屋根材の種類や劣化状況などによって変わってきます。

(塗装やカバー工法 等)

 

屋根に著しい劣化症状が現れている場合や、

すでに雨漏りなどの深刻なトラブルが発生している場合は

屋根の葺き替え工事を行う必要があります。

 

 

屋根カバー工事

 

屋根カバー工法は、塗装と比べ倍以上長期にわたり、

屋根材としての機能を保つのでランニングコスト面において優れています。

 

1回の工事費用では塗装の方が安く済みますが、

2回目となった際には屋根カバー工法がおすすめです。

 

 

 

雨樋交換工事

強風や大雨等の自然災害や人為的に、

雨樋が変形・破損してしまうことが多々あります。

 

それにより本来の水の流れが変わり、機能が失われ、

一部に水や土・草が溜まることで荷重がかかり、

雨樋が壊れてしまいます。

 

例えば、軒をつたって外壁や地面へと流れ

建物の土台部分を傷めることがあり、

外壁の内側へ入り込んでしまうとカビが発生したり

建物を腐食させたりと被害が発生することがあります。

 

外壁塗装で雨風にも強く美しい建物へ

 

外壁を塗り直すリフォームは、

一見建物の外観を綺麗にするだけものと思われがちながら、

実は建物の資産価値の維持にも大変重要な役割を果たしています。

 

 

建物のコーキング材もはじめは弾力がありますが

経年劣化とともに硬くなっていき、壁同士のクッション性が損なわれ、

壁にヒビが発生する一因となってしまいます。

 

雨風に晒されている塗料が剥がれることで、壁の劣化も進み、

こちらでもヒビの発生を誘発します。

 

雨水がヒビから内部へと浸食してしまうと、建物の内部からの腐食が進行いたします。

 

コーキング材を新しくしたり、

塗料を防水や防カビ・防さびのものへと塗り直したりすることで、

 

建物にヒビが入りにくくなり、

結果強度が増して資産価値の維持へと繋がるのです。

 

 

芸術的な側面のみならず、実用的にも優れた塗装技術を指導します。

屋根の防水工事で建物の強度と資産価値の維持を努めます

建物の屋根のメンテナンス工事は、

資産価値の維持に加え安心してご自宅で生活していくためにも

とても重要な役割を果たします。

 

 

雨漏りが天井からしてしまうご自宅では、

雨の日に安心して寛ぐことは難しいかもしれません。

 

この雨漏りは、

建物内部の柱にまで雨水が浸透しているサインでもあり、

内部の柱が腐食したりさびたりすることで

建物全体の強度が著しく低下してしまいます。

 

 

強度が下がることは、資産価値の低下も意味します。

 

 

この雨水の浸食を防ぐために、

定期的な屋根の点検を推奨しています。

 

ドローンも使用した最先端の調査方法も用い、

よりスピーディーで正確な点検を可能とし、

スタッフ達によって丁寧にメンテナンス工事を実施いたします。